夏!冷やしておいしい黄酒


夏!冷やしておいしい黄酒
梅雨が終わりを告げる前に気温は上昇、カンカン照りの日々に突入した2017、夏。普段は常温や燗がおいしい黄酒も、この季節はやっぱり冷やしてすっきりと楽しみたい。そんな方に、夏の特集第一弾として酒中旨仙が思う「冷やしておいしい黄酒」を厳選しました。選び抜いたこの3種、ぜひお試しください!
 
冷やしておいしい黄酒 金朱鷺黒米酒
冷やしてよりフルーティに!

その1 金朱鷺黒米酒(北方派 洋県 )

シェリーを思わせるフルーティさで人気の朱鷺黒米酒。国家地理標示産品でもある"洋県黒米"を使用し、常温ではやわらかな甘味が楽しめますが、冷やすとキリっと爽快感のある飲み口に。冷や酒にまさにうってつけの黄酒といえます。 元々ライトな飲み口なので、ロックよりもボトルごと冷やして飲むのがおすすめです。
〜〜おすすめの冷やし方〜〜
ボトルごと冷やす ★★★★★
ロック 
 
 
冷やしておいしい黄酒 缸缸好
冷蔵庫活用!冬は燗、夏は冷や
その2 沉缸酒 缸缸好(南方派 龍岩 )

現地福建省では熱々の燗にして生姜の千切りを入れて飲む、というスタイルで愛されていたりもしますが、南方の特徴らしく甘味あるこのお酒は冷やした方が日本人好みの味に。ロックでもおいしく飲めますが黒米酒同様にボトルごと冷蔵庫などで冷やした方が風味も楽しめるのでよいと思います。
〜〜おすすめの冷やし方〜〜
ボトルごと冷やす ★★★★★
ロック ★★★
 
 
冷やしておいしい黄酒 客家 黒姜黄酒
ロックでもソーダ割りでも!
その3 客家 黒姜黄酒(南方派 梅州 )

紹興酒に生姜やザラメを入れるのが好きな方。ぜひこのお酒に挑戦してみてください。このお酒には生姜がすでに原料として入っています。また、糯米の他、黒豆などの原料を大量に使用しているため、大変濃厚でコク深い味の黄酒です。味も香りも強いのでロックでも問題なし。ソーダ割りにすれば新感覚ハイボールに。
〜〜おすすめの冷やし方〜〜
ボトルごと冷やす ★★★★
ロック ★★★★
 


 
紹興酒をロックにする飲む方は意外と多いのですが、銘柄によってロックにするか、ボトルごと冷やすか、は変えた方がよりお酒を楽しむことができるでしょう。ロックにすると黄酒特有の酸味や渋味は和らぎますが、その香りや風味が好きな方にとっては物足りなくなることも。

そういう場合はボトルごと冷やすことで酒本来の味わいを楽しみながら、すっきりと飲むことができます。客家黒姜のように、元来コクが強くて濃厚な飲み口のものであれば、ロックでも楽しむことができます。

日本酒やワイン同様に、温度によって表情が変わるのは黄酒も同じです。地方によって原料、製法が変わる黄酒は味の幅が広く、お酒によっての最適温度というのも銘柄によって大きく異なります。みなさんも自分にとって、どのお酒がどんな温度に合っているのか、ぜひ探してあててみてください!