紹興酒を始めとした黄酒の卸について
 中国料理には中国酒。原点が生む、斬新さ。

 旨仙が仕入れる日本未流通の地酒。みなさんのお店でも導入してみませんか?

 ビールやハイボール、ワインや日本酒が主流になっているドリンク部門の昨今の流れにおいて、中国酒の存在感は弱いと言わざるを得ません。しかし、中国酒の代名詞ともいえる紹興酒は黄酒の一種でしかなく、その他にも日本未流通の魅力的な地酒はたくさんあることはまだまだ知られていません。

 「へぇ、こんなお酒あるんだ!」「紹興酒が飲めなくてもこれならイケる!」

  個性豊かな黄酒を導入して頂くと、料理+「酒」の両輪で魅力を惹きたてることに繋がります。最近では中華業界以外からもお問い合わせがあり、紹興酒を始めとした黄酒の可能性を感じずにはいられません。Fax1枚で1銘柄1本からご注文は可能です。ぜひお気軽にお声がけください。
 
紹興酒を始めとした黄酒の卸について
 全国約90店舗お取り扱い実績有(2017年9月時点)

 北は北海道、南は沖縄まで全国約90店舗の飲食店様にお取り扱い頂いております。個人経営の飲食店様から数店舗を展開する企業様、そして最近では中華業界以外からもお問い合わせを頂き、少しずつではありますが幅広い業態のみなさんにご支持頂いております。

 長年の修行を経て独立される方や、「紹興酒は甕出しと年数物をいくつか置いているけど、もっと何か充実させたくて」という方々からのお声がけが多いです。中華料理店は全国にたくさんありますが、中国酒に注力されている店舗様はまだまだ少ないのが現状です。黄酒の導入は中国酒へのこだわりという差別化を生みます。それに加えて率直にお酒としての面白さが中華に限らず他業態からのお問い合わせとして表れているのだと思います。
 
紹興酒を始めとした黄酒の卸について
 試飲サンプル、お送りできます。

 黄酒は産地、銘柄によって味や色が全く異なります。紹興酒の年数物以上にそれはどなたでも体感できる違いです。初めて飲まれる方は、その違いに驚かれることが多いです。まずはお取り扱い頂くみなさんご自身に味を見て頂く必要があります。

 旨仙ではお取り扱い頂くことに前向きな店舗様には無料にて小瓶サンプルをお送り致します。気になる銘柄をご指定頂いてもよいですし、お任せ頂ければ代表的な銘柄をお送り致します。
 
 メニュー制作を無料で承ります。

 黄酒は置いて頂くだけでどんどん売れていく商品ではありません。まず第一に、ホールスタッフとお客様とのコミュニケーションが最重要となってきます。そしてそのために基礎的な知識も必要となってきます。

 「今ホールに人がいなくて手一杯」
 「教育どころではない」
 「酒を飲めるスタッフがいない」

 店舗様によってさまざまなお悩みがあるかと思います。それらを少しでもカバーできればと、メニュー制作を無料で承っております。ご希望の方はお取り扱いを始める際にご相談ください。※諸条件有
 
紹興酒を始めとした黄酒の卸について
 直営店舗で10年以上の販売実績。

 直営店の中国郷土料理店1号店は2005年にオープンしました。中国は料理だけでなく、お酒も面白い!という思いを発信し続けもう10年以上経過し、たくさんの方から「楽しかったよ!」「おいしかったよ!」という前向きなご感想を頂いてきました。

 ただ、紹興酒が苦手な方はたくさんいらっしゃいます。飲みやすい紹興酒や、違う地方の地酒をおすすめしても「やっぱりダメだ・・・」という方もいらっしゃいます。それでも、黄酒を揃え、その面白さを発信し続けること自体が、お酒好きのお客様を少しずつ増やしていける可能性を高めていくことに繋がる。それはこれまでの経験上からお伝えできることだと思っております。
 
 卸についてのお問い合わせ先

旨仙長donこと門倉は直営店で6年勤務し、今でも現場に立ちます。お客様と直接接して感じる黄酒の魅力、それを踏まえてお店の立場でどう発信していけばいいか。まだまだ勉強中の身ですが微力ながらお手伝いさせて頂きます。

 TEL:03-6277-8005(携帯直通)
 Mail:kadokura@taroo.biz 担当:門倉

 ※電話は出られないことが多々あります。留守番電話にメッセージを入れて頂ければ確実に折り返し連絡致します。