台湾老酒10年【南方派 台湾】日・中・台の酒文化融合 奇跡の合作

Detail

販売価格 1,800円(税込)
購入数







▼日・中・台 三ヵ国の酒文化が生んだ奇跡の合作

台湾でも「紹興酒」と呼ばれるお酒が造られています。

この酒の製造元である埔里酒廠の前身酒蔵は戦前、米酒(焼酎)や日本酒を製造していましたが、戦後1952年に初めて紹興酒の製造に成功。

原料は、丸もち米と台湾産の蓬莱米(うるち米)。麹は麦麹と米麹を併用します。

これは紹興酒と日本酒を混ぜ合わせたような使い方です。

その他にも

米をあまり削らない→紹興酒
醸造用乳酸を添加する→日本酒
熟成は甕で行う→紹興酒

など、至るところでそれぞれの製法が混じり合っています。結果的にそれが台湾でしか作れない「紹興酒」を生みます。

日本、中国、台湾という三ヵ国の酒文化の融合。ぜひお試しください!


▼味わい



 甜(あまさ)2.1★★
 渋(しぶさ)4.3★★★★
 辣(からさ)4.1★★★★
 苦(にがさ)5.0★★★★★
 鮮(うまみ)2.0★★
 酸(さんみ)1.5

▼飲み方

 常温 ★★★★
 冷酒 ★★★★
ロック ★★★★
 熱燗 ★★

▼酒 DATA

 産地:台湾
 度数:17.5度
 容量:600ml
 原料:糯米、蓬莱米、米麹(小麦)

▼旨仙長ひと言コメント

三ヵ国の酒文化が混じり合ったというだけあり、かなり独特な味わい。
他黄酒にはない渋味、ドライさ。香りを嗅げば他酒との違いは一目瞭然です。
現地台湾ではビール人気に押されて消費が減っているようですが、各酒の製法が混じり合って生まれた稀有な老酒は、昔ながらの紹興酒が好きな方によく好まれます。

Detail