冬!燗しておいしい黄酒。


燗しておいしい黄酒
雨が多く、短い秋は終わりを告げ、寒い寒い冬がやってまいりました。洋服を着こんでマフラーを首に巻くのもよいですが、やっぱり体の芯から温まるのが一番!というわけで、熱燗にしておいしい黄酒を旨仙長donが3種厳選致しました!


燗しておいしい黄酒 その1 缸缸好【南方派 龍岩

その1 沉缸酒 缸缸好(南方派 龍岩)


夏の冷や編でも登場した缸缸好(ガンガンハオ)。現地の酒通の間で親しまれているのは熱々の燗にして千切りの生姜を入れて飲む、という方法。熱々の燗にすると酸が際立ち、生姜を入れることですっきりと飲むことができます。ただ、缸缸好元来のやわらかな旨味が好き、という方は生姜を入れず、人肌程度に温めるのがおすすめです。

▼おすすめの温度 36〜45度 人肌〜上燗程度
南方らしく甘味がしっかりとある缸缸好も、生姜を入れると驚くほどシャープな味わいに。
燗しておいしい その2 黄中皇10年(江南派 紹興酒 )

その2 黄中皇10年(江南派 紹興酒 )


中粮酒業独自の黄金比率により古来製法で造られる黄中皇(ファンジョンファン)。10年物は特にバランスがよく、舌にしっかりと染み渡る酒の旨味がたまりません。
燗にすると酸が立ちすぎたりバランスが崩れがちですが黄中皇は崩れるどころかその酸がほどよいアクセントに。常温とはまた異なる表情に、ますます惹かれることでしょう。


▼おすすめの温度 36〜38度 人肌程度
燗しておいしいその3 石庫門12年【江南派 上海】

その3 石庫門12年(江南派 上海)


江南派の中で爽快ですっきりとした飲み口の石庫門(シークーメン)。温めることで、さまざまな原料の香りが湧きたち、常温時とは違った表情が楽しめます。ただ、このお酒も温めすぎると酸が際立ちすぎて味のバランスが崩れるため、黄中皇同様に人肌程度がおすすめです。

▼おすすめの温度 36〜38度 人肌程度
 


 ▼黄酒の温め方
 黄酒の温め方は日本酒同様にさまざまあります。
基本的にはボトルごと沸かした湯で温める湯煎がよいと思いますが、時間がかかるのが難点。他、グラスに入れてレンジで2〜30秒温める方法もありますが、グラスが割れる危険性を考えると少し腰が引けてしまいます。(旨仙長donは通常グラスで長年この方法。割れたことはありませんが、可能性は0ではないですね)。
 他には、道具を使用する方法。左写真のような保温器は中国、日本で熱燗用として売られています。大きい器に熱湯を入れて、酒を入れた徳利をその中にセットして1分ほどすれば、ぬる燗低度に温まります。ろうそくのような火を置く土台もあると、温かい状態が持続できてなおよいです。土台がない・・・という場合は、お湯を定期的に取り換えるか、湯煎orレンジで軽く温めた状態で徳利をセットすればほどよい温度で楽しむことができるでしょう。