旨仙の季節特集『上海老酒』〜上海蟹の季節に味わいたい黄酒〜







上海蟹の季節ですね。
11月は白子たっぷり雄の季節。
これから冬にかけて続く上海蟹シーズン。

上海蟹の名産地は江蘇省。その江蘇省含めて
上海周辺は紹興を始めとして
黄酒の名産地でもあります。

今回は上海蟹の名にちなんで
上海老酒にスポットをあてて
代表銘柄、それらの味わいを
詳しくご紹介します!

自宅で上海蟹を、というのは
なかなかないことだと思いますが
上海蟹でないとしても
海鮮料理の多い上海周辺の料理には
ぴったりの黄酒です。
ぜひお楽しみください!



黄酒名産地域において
世界に名を馳せる上海に残る黄酒酒蔵は、
たったのひとつしか残っていません。

唯一残った上海味道を守り続ける
その酒蔵を紹介します。




前身の上海市食品股份有限公司は
1992年に株式公開し、上海証券取引所に上場。
食品を主力事業として資産規模を拡大
業務品質を改善し続け、
順調に成長を遂げる。

2008年には、大規模な資産再編を実施。
現在の『上海金鳳酒分股份有限公司』に改称され
以来、同社は黄酒を主力事業とする
上場企業となった。

「石庫門」「和酒」の2大ブランドを掲げ、
20種の系列商品、60種もの商品を生み出している。
上海唯一の黄酒メーカーとして、
業界をけん引する存在に。








かつて築かれた租界時代の集合住宅、
西洋と中華文化の融合。
上海独自の個性を表現した
まさに"上海味道"。

中国のみならず世界も視野に入れた
その酒の造りに、
上海を訪れた人たちを
黄酒の世界へと誘う。

歴史を背負いながらも
主原料、もち米の他
クコや蜂蜜、干し梅などを使用し
新境地に至った斬新な風味の黄酒。




\ 石庫門 旨仙おすすめの年数は「12年」/





「和以貴」
(和を以って貴しとなす)

生活、仕事、交際、世渡り・・・
和が求められる場面は
人生至る場所にもある。

和らぎの精神を以って
人に、物事に、
あたっていくこと。

石庫門同様
上海のみならず
全ての人に向けて、
人生の啓示を秘めた上海黄酒。




\ 和酒 旨仙おすすめの年数は「10年」/



◆◆◆旨仙仕入れの上海老酒一覧◆◆◆