【旨仙長日記21】横浜中華街老舗酒店で紹興酒、福建など『黄酒無料試飲会』のお手伝いしてきました

【旨仙長日記21】横浜中華街老舗酒店で紹興酒、福建など『黄酒無料試飲会』のお手伝いしてきました

GWですね!
今年は4月から暑い日が続いて、
僕も先日BBQをしたもので
早くも背中が真っ赤でヒリヒリ夏らしい痛さを
体感しております。

さて、4月29日(日)。
横浜中華街で75年の歴史を誇る老舗酒店
「安田屋酒店」さんで
黄酒無料試飲会を開催するということで
お手伝いとして行ってまいりました。

ポスターなどは、
クリエイティブなセンス・技術は
ないもので、手書き。
「黄酒いかがですかー」と
僕が声をかけてもあまり集まりません。
優しくあたたかな雰囲気が
体から滲み出る
店主安田さんが声をかけると・・・
なななんと!

20代の若いカップルの方から
お子さんを抱えた30代ご家族、
50代のご夫婦など
さまざまな年代の方が
立ち寄ってくれました!

僕は中でお酒の解説に勤しみました。
適材適所!ということで。。

ときにはマンツーマン
ときには5~6名の方へ一斉に
黄酒とは、各地方や各酒の特長、
料理との相性など
お話させて頂きました。

一番人気は紹興酒の東湖12年でした。
なんと完売。
実際飲んで頂いての完売ですので
この紹興酒の実力を肌で実感した1日となりました。
個人的にも好きな紹興酒なので
共感して頂いた方が多かったのだなと
嬉しくなりました。

黒谷も大人気でしたね!
赤ワインを思わせる色と風味に
リアクションの大きさは一番だったと思います。

缸缸好や石庫門12年も
「飲みやすい!」「おいしい!」と
即ご購入頂いた方がいらっしゃいました。

一番人気 東湖、黒谷
その他、缸缸好、石庫門12年
というような感じ。

百吉や客家黒姜は
飲んで驚く方が多かったです。
「こんな味もあるの!?」と。
黄酒の幅広さを楽しんで頂けたように
思います。

お昼から夕方まで
ほぼ話通し誘い通しで
終わった頃には・・・

甕の紹興酒やビール樽を
毎日運ぶ安田さんも
がっくしくるほどの疲労感。

しかしその分、
ものすごく心地よい
達成感がありました。
安田さんとがっちり握手で
おしまい。

初の試飲会に参加して思ったことは、
紹興酒など黄酒を家で飲むという方は
現状少ないですが、
飲んで頂ければ
おいしいと思ってもらえるのだということ。
興味を持ってもらえるということ。
そして、性別年齢などは関係ない
ということです。
みなさんに共通していることは
当たり前のことかもしれないけど
お酒が好きということ。

お酒を飲む人が少なくなっている
という情報があったりしますが
たとえ少なくなっているとしても
目の前にいるわけだし
そういうみなさんに対して
何ができるかを黄酒屋として
考えていくことが重要ではないかと
思います。

もっともっと興味を持ってもらえる人は
増えるのではないか
増やそうではないか!

陽の暮れ加減がまた
達成感を盛り上げてくれて
ああ、よい一日だったなぁと
思わせてくれます。

GWらしく、とても賑わう中華街でしたが
隣の占い屋さん曰く「例年より寂しいね~」
とのこと。
もっとすごいのですか。。

終わったあと、地元に戻っての一杯が
最高においしかったです。
またやるときがあるかもしれないので
そのときはまたぜひ遊びにきてください!