旨仙長日記【番外編】広西チワン族自治区旅行記(2日目)2017.6.14~6.18

旨仙長日記【番外編】広西チワン族自治区旅行記(2日目)2017.6.14~6.18

天気は生憎の雨。予報では旅の道中ほぼ雨。
合羽が大活躍!

店先で売られていた饅頭と
ちまきをほうばりながら、
朝食の場所を探しに、ぶらり。

気になる砂鍋飯のお店発見!
しかしまだオープンしていない。
後日訪問決定。

そしてまた米粉に。
ボールに入れて食べるのも中国民家風。
日本では考えられないですね笑
味がよければすべてよし!
しかしかなりさっぱりとした味で
正直物足りなかったです。薬味必須。

現地の酒を見つけて、テンションが上がる。
これからの旅に楽しみが増えました。

桂林といえば三花酒が有名ですね。
至る所にありました。
ありすぎて何がどう違うのかよくわかりません。

桂林西駅から北西へ、新幹線に乗りました。
山の中を走りますが、
どうやったらたどり着けるのだろう?
というところに見える村が気になります。
いくつかありました。

駅から三江南まで現地の方に
車で送ってもらいました。

ぐるぐる回る中、
気持ちが一番躍動したお店に突撃!

油茶は中国各地で食べられるようですが、
桂林でも名物料理の一つ。
茶葉を油で炒めて鍋で煮込む料理。
さまざまな薬味がついてきます。

味は淡泊で、ついてくるあられや煎餅のような
ものたちも味がついているわけではないですが、
面白い料理だなと思いました。
加える材料によって
日本人好みの料理に化けそうな予感はあります。

酢鶏。
発酵臭がしっかり感じられて
おいしかったです。しかし
これ結構しょっぱいので単体だときついかも。
白飯or酒が必須。

カレーのような色合いのスープ
「羊 bie」はモツの香りが強め。
苦手な僕は少しきつかったですが
ついつい食べてしまう
中毒性ありな料理。

カウンター越しの酒をパシャパシャ撮ったり、
異国の言葉で談笑する僕らを
隣の方々が気になったようで、
巻き込まれました笑 

餅のような食べ物をもらいました。
日本でいうパンのような役割なのでしょうか。味はしません。

どこの国から来たのか?
と聞かれたので「日本」と言ったのですが
通じず。。中国語の先生に「発音キレイね」と
褒められていたので若干ショックでした苦笑
若干訛りありましたね(言い訳

そのお店を後にしてまた散策。
お腹にはもちろん食べたばかりの料理たちが
消化されずにいましたが、
次のお店へ突撃!
このお店では
厨房を見せてもらうことができました。

直接厨師さんに教えてもらう松島さん。
なれずしのように魚を発酵させたものがあり
それに感動されていました。
作り方を一生懸命教えてくれていましたが
2人とも中国語マスターではなく。。
でも、松島さんは「なんとなくわかった」
料理は国境を越える。

白酒にフルーツを漬け込んだものも
飲ませてくれました。
白酒独特の強烈さが
かなり緩和されていて
とても飲みやすい!
これなら日本の人でも飲めるという方
多いと思います。

このお店で一番インパクトのあった料理。
「紫血」。見た目名前共に
グロテスクですが
食べてみると、結構辛いのだけど
ミントやドクダミが
爽快さを与えてくれ
いいつまみ。
血がどんどん染み出てきているのですが
生臭さは全くありません。
不思議な料理でした。
もちろん、おいしいです!

先ほど作り方を教えてもらっていた
発酵魚。ツンとくる発酵の香りと魚の香りが
相まってこれまたたまりません。

かなりお腹がいっぱいになったので
街中を散策。
お茶屋さん巡ったり闘牛場へ行ってみたり。
歩いている人はそれほど多くありません。
観光客はほとんどいない。
ぼくらが目立つぐらい。
雨でしたしね。

お土産にお酒とお茶を購入しました。
今でも直営の黒猫夜に置いてあるので
興味のある方はスタッフに
「桂林のお酒があるってブログで
見たのですがありますか?」と
声をかけてみてください!

帰り、タクシーの呼び込みに捕まり、
一応金額を聞いてみたのだけど
明らかにふっかけてきていました。
そんな中、一番最初に声をかけてきた
青年(通称:左門君。豊作似だから)
が結局破格だったことに気づき、
お願いすることに。

左門君、自分のところに
戻ってくることを見越していて
ぼくらがいろいろ聞き回ったあと
左門君にしようと歩みだしたら
ほんといいタイミングで近寄ってきて
「ほらな?」と言わんばかりに
一緒に車までご案内。
やり手です笑


↑左門君の車。スズキのエブリみたいなワゴンカー。

桂林周辺にて、食事。2軒回りました。
桂林名物鴨血鍋を食べました。

血の醤油ダレのようなもので
コーティングされた
鴨肉たちがでか鍋でドトンと
登場。汁気はありません。

にしても、量が多い。。。
だいぶ残してしまいました。。。
申し訳ない。

この日は本当に
食べて食べて食べていた一日でした。

一日の終わりはまた昨日と一緒の
おじちゃんおばちゃんの元で
おしまい。