旨仙長日記【番外編】広西チワン族自治区旅行記(4日目~最終日)2017.6.14~6.18

旨仙長日記【番外編】広西チワン族自治区旅行記(4日目~最終日)2017.6.14~6.18

4日目~最終日。
この日は桂林駅から新幹線で南下。
南寧へ。南へ行くとまた食文化も変わるよう。

一歩少し前に進めば
文明は大きく前進する
トイレにて。

週末にさしかかっているせいか、人は多い。
ですが、中国は何でも大きい!
駅や空港、横に広いし天井がものすごい高いし
解放感がある。

雲南到着!

早速南寧料理を食べに繰り出します。

まずは檸檬鶏。
檸檬鶏は鶏肉が檸檬の香り
いっぱいの汁で煮込まれた料理。
八角やにんにくも使用。
肉は舌から首から至る部位が入れられています。
うまい!

もうひとつ、
広西の名物料理、老友炒粉も食べました。

米粉の麺をきし麺状に平らにしたもの。
もちっとした食感。
あのきつい酸笋が入っているのですが、
これがアクセントになってまたおいしい!

他、糯米を詰めた揚げソーセージや
蓮の葉蒸しご飯、
黒山羊肉の炒め物を食べました。

山羊は全く臭みがなく、
ハラミを食べているようなやんわりと
弾力あるお肉でこれまたおいしかったです!
味はオイスターが基本ですが、
レモングラスと
酸笋がまた入っていて
ただのオイスター炒めとは
異なる風味。

写真で御覧の通りだと思いますが、
量がすごい。。たらふく。。
お腹たんまり。

少し歩いたところに市場があったので
行ってみました。

松島さんが求めていた
梅干しの檸檬漬けなるものが
あったので購入。
お姉さんがとてもにこやかで
優しい人でした!

次の市場へ。

その前に、市場の目の前あたりに
お店が並ぶ通りがあってぶらり。
老友粉をまた食べました。
今回はスープに浸っているタイプ。
うーん、味がさっぱりで
いまいちかな。。

ここで、大事件。。。
なんと、中国から仕事のメールを
送信していたはずなのですが、
全く送信できていないことが判明!!
うそ!!
送信済ってなっていたはず。。
エラーで戻ってきていないだけで
送られていなかったのです。。。

旦那さんから報告を受けて
発覚した事実。
多くのお店さん、そして旦那さんに
ご迷惑をおかけしてしまい、
旅どころでは
なくなってしまいました。

緊急事態の対応に、
同行の松島さんには
1人で市場を
ふらついてもらうことに。
トホホ

↑の写真は自戒の念を込めて
パシャリ。

だいぶ落ち込みましたが、
気を取り直して別の市場へ。
ほっぺたバチコン

今回の旅で一番大きな市場でした。
日本では朝が
一番賑わいますが
夕方でも賑わっている。
日本の市場は
飲食店の人か観光客が多い。

中国の市場は、
一般の人が多数
利用しているように見えます。
これからの晩御飯に
近場の市場で購入する人、多数。
だから、夕方でも活気があります。

このあたりでよく食されているという
サメハダホシムシの乾物を探し、
あった!!!
のですがかなり高い!
(値段は忘れました汗)
泣く泣く諦めました。

だいぶ散策したのですが、
写真が少ないところを見ると
精神的なダメージから
立ち直れていなかったんだと
振り返って思います。
打たれ弱いなぁ。。。

翌朝は早くに出るため、実質的な最終日は
この日なのでした。
南寧から桂林へ戻り、
ホテル近くの店で
ビールと料理を食べ、
黒猫夜のことやこれからのこと
今日の凡ミスの反省を語らい、
おっちゃんおばちゃん(以前の日記参照)へ
挨拶に行って、
広西チワン族自治区への旅はおしまいとなりました。

同じ地区でも北と南で食文化が異なる。
桂林はさっぱりした料理が多いと聞いていて、
米粉やスープ料理は優しい味わいのものが
多い印象(米粉は薬味次第かな)でしたが
醋血鴨や荔芋扣肉南は濃厚な味付けだし、
南寧は結構味の強い料理が多いように感じました。
もっと南下するとより面白い料理があるようです。
また、少数民族がたくさん住む場所でもあるので、
桂林を拠点にいろいろ巡るのが
より楽しめる方法だと思います。
桂林市内だけで終わるのは
もったいないです。

最後に、
たどたどしい中国語でも、
にこやかに対応してくれた
広西のみなさんに非常感謝!
楽しかったです!!

酒中旨仙 仙長 たまに黒猫夜
Donこと門倉