【旨仙長日記14日目】單欒vol.6、無事終了しました!

【旨仙長日記14日目】單欒vol.6、無事終了しました!

紹興酒や白酒でだんらんする会
單欒vol.6 at 黒猫夜赤坂店にて
1月20日(土)
無事終了致しました!

今回は体調不良の方が多く
キャンセルが相次いで
開催するまで不安が、募る募るつもるつもる。。
今、外でシンシンと積もる
記録的な大雪ほどではありませんが。。
(次回お待ちしておりますね!)

が!!結果として
黒猫夜赤坂店の小上がり席を全て使用し
ご参加頂いた11名のみなさんとわいわい
楽しむことができました!

before

after

チャート作成という体験型のイベント第2段でしたが
黄酒って初めて聞いた!という方が多い中で
黄酒ってそもそも何か、ということから
ご理解頂く必要があり、その説明をしつつ
チャートを作成して頂くための方法も説明しつつ
「料理も出さねば」「利き酒大会もしたい!」など
時間と進行に追われておりました。

という言い訳です・・・。
そう、写真がほとんど撮れておりません!
残念すぎますが、きっとご参加のみなさんの記憶には
しっかりと刻まれたイベントになった、はず。。?



チャート作成で味をじっくり感じる=黄酒の味を考え、感じる

チャート作成は、
悩みながらもみなさんしっかり
書かれていましたね。
このプロセスこそ、チャート作成の醍醐味、狙い。
黄酒をしっかりと味わうことをしないと書けないのです。
黄酒に親しんで頂くにはうってつけの手段かなと
実感しております。

認知度も低ければ、未知のお酒ばかりですが
終わる頃にはこれがどんなお酒だった
というのはなんとなくわかるように
なっているはずです。

でも、チャートで表現するのは
難しいですよねやっぱり。
もっと6つの味について
わかりやすい説明を
してあげられたらよいかなと
感じました。
渋味はこういう味のことですよ~など。

改善、改善!

ご参加される方々には
お一人の方もいらっしゃったり
相席でのご案内となるので
運営者側としては、
始まるまでには
うまく会話のきっかけ作ってあげたいな
というのが気になるところで。

でも、そんな心配を他所に
みなさん各々楽しんで頂いていました。

僕も時折会話の輪に混ぜて頂いたり
したのですが、なんと僕の地元と
近い方々が半分ぐらいおり
つい盛り上がってしまいました笑



やっぱり盛り上がる利き酒大会!全問正解者には・・・?!

利き酒大会は5つの酒をブラインドで
銘柄当てられるかという方式。

景品は下記の通りです!

全問正解者→黒猫夜食事券5000円分!
4問正解者→好きな北方黄酒を1本無料贈呈!
1~3問正解者→勁酒(薬膳白酒)

北方黄酒は個性的なお酒が多いので
比較的わかりやすいのです。
なので少し意地悪をして難しくしました笑
同じ銘柄の違うタイプ、や
同じ銘柄の年数の違うもの、を
混ぜたのです。

黒米酒の金、銀

即墨老酒の5年、10年

これ、僕も自信ないです!笑
全問正解者いないかな~と思っていたのですが
・・・なんとなんとなんと、
1人!出ました全問正解者!!
素晴らしい!

4問正解者も1人、その他全て1~3問正解の方
という具合にうまいこと分散しました。
全問正解者が多かったらどうしよう。。。
とハラハラしたのはここだけの話。

全問不正解者はいませんでしたね。
不正解者の方用にも景品は用意していました。
黄酒、もっと勉強してください!
ということで黄酒3種飲みくらべセット。
各地方の代表黄酒を小瓶で3種
楽しめるというセットです。
急遽ジャンケン大会が繰り広げられました~

利き酒大会は毎度賑わいます。
また次回もやりたいです。
意地悪なラインナップで笑



北方派黄酒には北方料理を!

料理はこの日に向けて
黒猫3人衆に限定料理を考えてもらいました。

北方は米の生産量が少ないので
小麦粉を使用した料理や
北京料理のように高級乾物を使用したものや
羊肉を使用したり。
味付けは寒さが厳しい地域ほど
塩分や油分が強くなる、と言われています。

そんな中、vol.6の献立は下記の通り!

①冬の前菜盛り合わせ
・鯖の烏龍茶スモーク
・紅芯大根の甘酢漬け
・自家製カラスミ黄酒風味
・子持ち昆布の腐乳天婦羅
・磯海苔縞海老の紹興酒漬け
・あん肝の五香粉煮
②北方料理その1
「ハルピンソーセージ」(紅腸)

③北方料理その2
「羊肉のクミント炒め」

③北方料理その3
「山東風アワビ煮 黒猫農場からし菜敷き」

④北方料理その4
「スープ式 猫耳朶(マオアルトゥオ)」

これこそ写真がないのが残念ですね。。
仕込み時に撮った写真がかろうじて
何枚か。。すみません。。





現地の料理に、現地のお酒を。

結果的に
こんなお酒があるんだ!
とか
面白いね中国酒!
という気づきや発見。
何より
楽しかったな~
と思ってもらえたら
單欒は大成功であります。

始まるまではとても緊張しますが
終わったあとはとても気持ちがよくて
黄酒で楽しんで頂いている姿だったり
興味津々にいろいろと聞いて頂いたり
元々中国酒が好きな方との出会いだったり
ああ、やってよかったなぁと思えるのです。

中国酒自体、好きな方が多くない
というのは痛感しています。
僕は中国酒売りです。

日本酒やワインだって今やいろんなジャンルとの
ペアリングが楽しまれているものの
元々はその土地で
楽しまれていたものだし
中国酒だって、
中華料理に合わせるものとして
脚光を浴びるときがあったって
いいんじゃないかって思うのです。

紹興酒があるじゃないか、という方は
いると思いますが、
紹興酒自体、メインは
江南地域で飲まれているお酒だし
日本で好きな方は他のお酒と比べても
まだまだ少ない。
日本の中華料理店さんでさえ
やっぱりワインだ!というお店さんは
多いです。
もちろんそれを
否定する気は全くありません。

確立するには情報が少ない黄酒。
銘柄もまだまだ少数。
その中で、やれることをやっていきます。
面白いお酒があるのです。

チャート作成は全3回ですので
次回で終了。
春か、夏頃にはできたらいいなと思っております。
中国酒の面白さに触れてみたい方
大募集です!

また団らんしましょう!

ご参加頂いたみなさん、
本当にありがとうございました!!
また会いましょう!!

旨仙長
donこと
門倉郷史

↓参加者みなさん、ではないのですが
お店の閉店まで残って頂いたみなさんで
記念写真!