旦那の酒蔵訪問記 vol.5 寧波

旦那の酒蔵訪問記 vol.5 寧波

寧波寧波

寧波

寧波寧波

浙江省の寧波、紹興の隣にある町です。
上海に来た時は、毎回行ってみたい町でしたが、
近いがゆえに、いつでも行けるので、
なかなか行く機会を作れませんでした。

上海からバスで3時間、紹興より遠い位置ですが
海上の大橋を通って行くので紹興と
同じくらいの時間で着きました。

寧波は、上海で食べた寧波料理がすごくマニアックで
印象に残っていて、ぜひ行ってみたい町でした。

また、アンティーク家具の大市場があると
噂を聞いていた事もあり、
今回は、期待大の視察出張です。

食事は地方都市にありがちな町場の食堂、
レストランがあまりないところでした。

その中で何軒か食べ歩きましたが
基本的には江南料理で、すごく珍しいものには
巡り会えませんでした。

街並みは市が観光都市を目指しているのか、
すごくよく掃除され、各場所に公衆トイレがあり、
とってもきれいでした。
所々に、まだ古い街並みや建造物が残っており、
また涼しい気候もあいまって散歩は、
すごく気持ちよかったです。

寧波

雨も降っていないのに街中に駐車している二輪車は、
みなカラフルなシートが、かぶせられている?

お酒もいろいろ探してはみたのですが
特にこれといった寧波黄酒はありませんでした。
代わりに”楊梅酒”という梅酒がここの特産物のようでした。
味はそのまま白酒にこの楊梅と蜂蜜を漬け込んだもの、
日本の梅酒に比べたら飲みにくいかもしれませんが
白酒好きな人には白酒の香りと梅の酸味が
いい具合に調和されて、おいしく感じると思います。

その他、餅が特産のようで、よく上海料理で
餅を使った炒め物がありますが、
ここから来てるのでしょう。
あと、以前「おいしい」と、話で聞いた事のある
黄泥貝という黄酒漬けの特産品を食べました。
見た目はグロテスクですが、
すごくおいしかったです。

これが今回の出張で一番のお気に入りとなってしまいました。

臭冬瓜
臭冬瓜。臭豆腐の冬瓜バージョン

ナツメの点心
ナツメの点心。餅を挟んでいる

白魚フリッター
白魚フリッター。天ぷらに海苔をちらしている