2018年 3月 の投稿一覧

donの酒蔵訪問記 VOL.1 紹興<上>2018.3.17~紹興酒の原酒を初体験!紹興酒による乾杯合戦で歓迎~

「紹興はこの時期雨が多いです。
でも大雨ではなく、
小雨の日が多いのですよ。」

早速迷惑をかけ、そして
ほとんど中国語が話せていない僕に
わかりやすい言葉で
話しかけてくれる袁さん。

前に座る孫さんと運転手さんも
にこやかに話している。
本当に優しく、大らかな方々でした。
感謝。

20分ほどすると、工場に到着。

早速工場長を紹介してくれました。
一緒に回ってくれるようです。

ある程度覚悟はしていたのですが
説明を理解するのが難しく、
説明してくれたことがわかっても
もっと深く聞きたいのですが
現時点での語学力では聞けないのです。
非常にもどかしい気持ちでしたが
これも原動力として。

表に並ぶたくさんの積み上げられた甕たち。
これもステータスのひとつなのかな。
今まで醸した酒はこれだけありますよ、
というメッセージ。

一番長い貯蔵年数で何年か?と聞いてみたら
38年とのこと。僕よりやや先輩。

発酵中の紹興酒。
通りがかり、無造作に甕の蓋を開けて
手を突っ込んで味を見る。嬉しそうだ。
甕の中からとてもいい香りがする。
ぼくも気持ちが上がる。

表を一通り歩いて進み、
奥にある部屋に通されると、
甕が4つ置かれていました。

これらは原酒です。
通常紹興酒はブレンドをしたり
カラメルを使用します。
これらはまだブレンドをしていない原酒です。
カラメルを使用していないものを
初めて飲ませてもらいました。

こちらは元紅酒。色が非常にクリアですね。
最も基本的な製法で造られる紹興酒です。
今は日本はもちろん中国の市場にすら
あまり出回っていません。

これまで元紅酒の感想として
酸味が強く、旨味が弱いため、少しきつい味、
お酢のような印象を持っていましたが
中粮酒業さんで飲ませて頂いたものは
どこか白ワインを思わせる風味で
大変興味深かったです。

加飯酒や善醸酒も通常のものより
色味がクリアですが、このあたりは
馴染みのある味わい。
ただ、じっとりとした感じがなく
爽やかさがあってすっきりしていて飲みやすい。
香雪酒は原酒もしっかり甘味が感じられます。
とても有意義な時間でした。

ちなみに敷地内はとても広いのですが
人はそれほど多くありません。
寂しいくらい。

このあと、本社へ移動。

待合室で待っていると、
メガネのおじさんが。
・・・あっ社長か!
わざわざこんな小坊主に
会って頂けると
思ってもいなかったので
びっくりしました。
※後程写真でご登場頂きます

挨拶後、中国語でまくしたてられるも
すみません!わかりません!
笑って誤魔化す。
袁さんが助け舟を出してくれる。
ただし、その翻訳ももちろん
中国語。袁さんの言葉は
なんとなく理解できるのです。
不思議。

ちなみに
袁さんは普段北京にいらっしゃるのですが
この日のためにわざわざ来てくれたのです。
それなのにwifiを紛失したという
情けないミスにより朝から振り回し、
気遣いもして頂いて。。
人の優しさ温かさを存分に感じました。


ピンク色のダウンを来ている方が袁さん。
右隣が、徐总经理。

上に案内されたので行ってみると
食事がたくさん!
こんな接待があるとは思っていなかったので
驚きつつも、喜んでいただきます!

円卓を囲む。
乾杯!

隣に座る方(一応挨拶したけど名前すら聞き取れない語学力)
めちゃくちゃ煽ってきます。
飲み干すだろ?みたいな具合。
お酒は孔乙己25年物。贅沢!
ぐいぐいと飲みます。

正直に「听不懂」(わかりません)と言っていたら
隣の方、時折「听不懂??」と笑いながら茶化してくる。
でもなんとか片言で会話をする。
毎日見ている中国ドラマの話をしたら
笑われました。
(欢乐颂を見ています。今ようやく第2部)
歌を覚えろ、だか、歌え、だか言われていた気がします。

浙江省周辺の名物料理
梅干菜烧肉も登場。
肉はもちろんなのですが
梅干菜にも味がしみ込んでいて
よいつまみになりつつ
御飯(米)のおかずとしても
たらふく頂き、お腹一杯。

自分も撮って頂きました。しかも社長に。
完全に酔っ払っている。。

若干ふらつきながらも
また製造工程を見学させてもらいました。

花彫の作業中

お米を使った孔乙己

待合室に戻ると、
商品の試飲をさせてもらいました。
とはいえ結構もうフラフラでしたが。。

酒糟から造っている白酒もある
ということで飲ませてもらいました。
清香系の風味で、二鍋頭を思わせる
強いアルコール感。
トドメデス。

さて、そろそろ帰る時間だろうかと思い、
車でホテルまで送って頂けるとのことだったので
お言葉に甘えて車に乗り
まどろんでいたら、
ついたのは
泊まるホテルとは
別のレストラン。

なんと、また
御馳走になってしまいました。。

しかも、さっきより乾杯合戦が
激しくなっている。。
1人だけでなく、3人ぐらいで攻めてくる!

そして出た!紹興名物、臭豆腐!
蒸しと揚げ。両方食べました。
蒸しの方は
真ん中の野菜も紹興の名産らしいです。
名前は聞き取れませんでした。。

不思議なのは、嗅ぐと臭いのですが
食べると臭みは気にならないのです。
酒のせいではないです。
おいしかったです。

記憶がおぼろげなのですが、
酔っ払うと熱くなってしまう僕は
黄中皇と孔乙己、引いては紹興酒について
横に社長がいる中で
偉そうなことを言ってしまったことだけは
覚えています。。忘れたい

宿泊のホテルに着いたのは
夜9時半過ぎでした。
受付でひと悶着あったのですが
部屋に入るとそのまま倒れこんで
睡眠。

※中国のホテルは宿泊費を
デポジットで多めに払うところが
多いようです。
それを知らなかったため
急に「300元」と言われて
「前もってカードで払いましたよ!なぜ払うの?」
と頑なに拒否。半ば自棄気味に
支払いましたが、
ひとつ勉強になりました。

次回は、
紹興、昔ながらの街並みを歩いた
2日目の様子をお送りします!

donの酒蔵訪問記 VOL.1 紹興<序章>2018.3.16深夜 ~スマホより、大事なもの。~

16日(木)21時頃、仕事を終えて
上北沢にある事務所を後にし、
空港へ向かいます。

黒猫夜、酒中旨仙率いる
旦那さんは数えることができないほど
中国を行き来していますが、
僕は仙長を名乗りながらもこれまで
紹興酒の産地、紹興へ訪れたことが
ありませんでした。
黄酒売りを生業としているのに
どうなのそれ?とlittle donが
心の中で投げかけてくるのです。

そのつぶやきも今回で止むでしょう。
ずっと行きたいと思っていた場所、
紹興へ念願の訪問です。

中国語は勉強中ですが
まだまだスラスラ話せるレベルではないので、
一人旅に楽しみと不安とが入り混じる
小心者です。

しかし今回は、2泊4日という旅路の中で
2日間は現地の方々と約束させて頂いていました。
行けばなんとかなるでしょ!
そんな軽い気持ちも少しはありました。

その甘えから生まれた油断が招いた事件。
その洗礼から、紹興の旅が始まったのでした・・・。

羽田2時10分発。上海5時着。
初めて深夜便を使いましたが、
平日にも関らず
かなり人で賑わっていました。
上海行きは中国人ばかりで、
国内なのにアウェー感満載。

ちなみに僕は空港で両替しましたが、
現状レートは18.63元。ご参考まで。
深夜だと搭乗口の外には1つだけ、
中には3つほど窓口がありました。
その中で一番レートのよい場所で交換。

深夜でもやっている飲食店はちらほらあって
うどんを食べて腹ごしらえ。
ビールは我慢。

心配性なもので、搭乗手続き前に借りた
Wifiの設定を早めにして、
スマホをいじらないようにしていました。

中国へよく行く方はご存知だと思いますが
中国ではGoogleやFacebook、Lineなど
日本の検索エンジンやSNSが使えません。
これらを使うためにVPN付Wifiを
レンタルしなければなりません。
これがないと日本の人はきついと思います。
Freeのwifiが繋がる場所で
baiduを使うことはできますが
全部中国語ですしね。

時間帯が時間帯だけに飛行機は寝るだけ。
今回はLCC活用。ピーチです。HPはコチラ

行きは荷物預け不可、
帰りはお土産を考えて一つ荷物を預けられる設定にして
その分少し料金が上乗せになりましたが
それでも羽田―上海往復で28000円程度。
安い!荷物少ない人はもっと安く行けます。

お尻は痛くなりましたが
5時、上海浦東空港到着。

上海空港初めて使って知ったのですが
主要な観光地出るまでは結構時間がかかるのですよね。

今回は初めて新幹線に乗るべく
浦東空港から上海虹橋駅まで移動しました。
地下鉄やバスなど手段はいろいろありますが
時間が5時だとまだ動いていなくて
大体6時頃から動き出すのです。

飛行機から出る時間や
入国検査など時間が結構かかって
結局6時ぐらいになっていました。
並んでいる間にWifiの設定完了。
でも
虹橋駅に7時37分発の電車だったので
安全策でタクシーしかないなと。

地下鉄でもよかったのですが(なんと8元でいけます!)
1時間半かかります。うーん。

タクシー、呼び込みのおっちゃん
いくらで行けるの?と聞いたら
「100元多!」というから
これは嘘だろ、と思いつつ
乗ったら違うドライバーさん。
聞いてみたら
「200元多!」
おお、倍返し!

そして結果、280元。
・・・モヤモヤ。まぁ、授業料ということで。。
そんなもんじゃない?という声もありますが
今は実際どのぐらいなのでしょう。

虹橋駅もとても大きい!
でも開放された入口はひとつだけだったので
人の流れに乗って迷わず行けました。

チケットは

手数料かかってしまいますが
話せなくても予約番号と時刻が掲載の
画面を見せるだけで引き替えてくれるので
便利でした!

さぁ、初の新幹線!
このあと会う約束の袁さんに
連絡をしよう、と
スマホとwifiを・・・



wifiを・・・




wifi・・・







wi・・・









あれ?










ない・・・。










リュックの中身を全部出す。

よくあるのです。
ないと思っても、あることが。
普段からよくあることなのです。

リュックの中身の色、黒。
wifiの入ったポーチ、黒だから。
カメレオンのごとく
同調しているのだろう。
むしろ、そうあってくれ!
何回もリュックをまさぐった。













途方にくれて、とりあえず外を撮影。
自分の間抜けさを忘れないように。



集合時間と場所は決まっていたので
その場所まで行こう。
Free Wifiが使えるかもしれない。
Wechatでは連絡が取れるはずだ!

感動の紹興到着のはずが
焦りと不安色に染まった
紹興との出会い。

Wifiが使える場所を売店の人に聞いてみる。

「この辺は使えるところないよ。」

そう、紹興北駅はFree Wifi使える場所は
ありませんのでご注意ください。
(使えるよ!という方はご一報ください。
僕みたいな人を救えると思います。)

交番に駆け込む。窓口はお姉さんが1人。

「Wifi使えなくても電話できるでしょ?」
みたいに言われるが、使えません。
僕のスマホをとっていろいろ見てくれる。

Wechatのトーク画面を見て
袁さんが電話番号を
教えてくれていたことを思い出す。
これを見た窓口のお姉さんが
自分のスマホで袁さんにかけてくれました。

早口で聞き取れない。
日本人の友人が来てますよ
みたいなことを笑いながら話しているから
「スマホが使えないみたい、はっはっはっ」
「えー!?まぬけな子が来たわねまったく」
みたいなことだと思います。
でも、この人、神だ、
と思っていた僕は何を言われても
感謝にしか思えませんでした。

「そこに座ってて」

結構待っていたのですが
紹興北駅も結構広くて、
袁さん一行は車で止められる場所を探して
グルグル駅を回っていたようです。
本当に申し訳ない気持ちで一杯。。

感動の対面。

本当にありがとうございます。
窓口のお姉さん。袁さん、孫さん、ドライバーさん。
心から思いました。

写真はイヤ!と照れるお姉さん。

この車の温もりを
僕は忘れない。

次回、中粮酒業訪問の巻!
※長い序章ですみません

旦那の酒蔵訪問記 VOL.16 内蒙古<下>~酒・肉・宴!歌も飛び出す内蒙古の団らん風景~

旦那の酒蔵訪問記

久しぶりの出来たて白酒を試飲!
う・う・旨いです。こっちの女の子、
みんなピンク色の
服が好きなようです。

内モンゴルを代表する
ファストフードらしいです。

・香辛料を効かして醤油で炒めた
羊肉を固めのパンで挟んだもの。肉煤子。

唯一発見したこの地域特産の
青菜野菜、ずばり「砂葱」。
砂漠の場所で育つ葱だそうです。
味は、まあまあ。

たまたま、街角で羊の活〆遭遇。
しっかり観察してきました。
今度、私もチャレンジしたいと思います。
一人では無理そうなので、協力者募集!

※血が写っているので自粛して小さくしています。ご興味ある方はクリックしてご覧ください

これを見ていたら、食欲湧いてきた。
すぐさま、羊専門店へランチ。
脳みそ・内臓類・皮つきばら肉。

夜には、馴染みの串焼き屋さんで
食事をした後、黄河河川敷をみんなで歌いながら、
散歩を楽しみました。
皆モンゴルの人たちは、
酒が入ると、すぐに歌いだします。

ありがとうございました。
内モンゴルのみなさん!
とっても楽しかったです!

【旨仙長日記17日目】脱紹興酒、ワイン入門!知ってそうで知らない?イタリアワイン:手塚ディプロマ at Essentia

もともと酒は好きです。
でも、
黄酒以外のことは
知らないことばかりなのです。

もっといろんなお酒のことを
知りたいなぁと思い、
見つけたワインセミナーなるもの。

初心者OK

ということでこの日は
紹興酒や黄酒から離れて
行ってまいりました初ワインセミナー!
もちろん主役のイタリアワインが
どういうものかも知らぬまま。
無知は勇気。

場所はこちら。
学芸大学の

脳、ワイン漬け。







もうカタカナが全然頭に入ってこない。
最近中国語学習で漢字ばかり見ているせいです(たぶん違う
懸命にメモを取っていましたが限界を感じ、
途中から飲むことに徹することに(チーン
ああ、お恥ずかしい。

自分浮いているなぁ・・・と
肩身が狭い思いでいたら
周りにも僕と同じような方がいて
安心しました笑

途中に出されたパンやチーズが
おいしかったです。

この会に参加して
ワインが支持される理由が
ほんの少しわかった気がします。
ずっと飲んでいられる。
紹興酒や黄酒は途中少し
くどくなってしまうかも。
それと、製法や原料の違いが
黄酒と比較しても無数にある。
世界的にも造られていますしね。
はまったらそれはもう
大海原を冒険するかのようで
どんどん探求できる深さ広さがある。

ワインの軸も
自分の中で作りたいなぁと
思えた1日でした。
講習が終わってから
一気にフランクな雰囲気で賑わって
最終的にはとても楽しめました!

黄酒も情報がないだけで
その産地によっての特長や
酒蔵さんごとに製法が違ったり
ということはあるので、
そういう部分を
知っていきたいですね!

ワインはまた、リベンジだ!

旦那の酒蔵訪問記 VOL.16 内蒙古<中>~白酒主流の内蒙古最大酒蔵で出会った牛乳地酒~

旦那の酒蔵訪問記

河tao酒業は、内モンゴルで一番大きな
メーカーさんです。
五糧液集団や古越龍山集団と同じように
酒事業を軸に多方面の事業を展開する
地方を牛耳る地会社です。

イメージで言うと、
馬乳酒を生産している想像をしてしまいますが、
白酒をメインに生産する酒蔵です。

またこの地方で飲まれているお酒も
大部分が白酒です。

馬乳酒は、日本人の勝手に想像する地酒で、
実際は、特に現代において、一部の本物の
遊牧民族が製造するぐらいのもので、
どの酒蔵も生産をしておりません。

そして今回私が目的とする醸造の乳酒、
または、蒸留した乳白酒は、牛乳が原料です。

酒蔵さんの話ですと伝統的な馬乳酒の様に
牛乳を微発酵させて、同じように生産する
事は可能だそうですが、酒度が3-4°程度
発酵状態ですと、保存の管理が大変難しくなる
そうで、営利を目的とする生産は
無理だそうです(100%添加物無の条件で)。

そこで、こちらの酒蔵さんは、
100%牛乳を添加物なしの条件で
12°発酵させて長期保存可能な
醸造技術を開発して今に至るわけです。

中国国内ではこちらの酒蔵さん唯一の
醸造乳酒(添加物無)です。
そのこだわりは、隣接する場所に
牛乳精製工場がある程です。

味わいは、まるで牛乳のイメージが
感じ取れない白ワインの様です。
後味にふわっと甘い牛乳の香り程度。
牛乳を醸造させるとここまで洗練される
味になるとは、ビックリです。
逆に乳酒というイメージとのギャップが大きすぎて、
戸惑ってしまいます。

敷地内は、すごく巨大です。想像するところ、
東京ドーム15個分。自社の博物館も所有。
本社ビルは、この地域で一番大きく
近代的な建築物です。

また、白酒を固体発酵させる壕所の規模は、
圧巻です。この独特の臭いと風景は、
夢世界です。

旦那の酒蔵訪問記 VOL.16 内蒙古<上>~ミルクの醸造酒を求めて。内蒙古の街を散策~

旦那の酒蔵訪問記

今回の酒蔵さんは、内モンゴル自治区
にある河tao酒業へ。

こちらの酒蔵さんがある都市は、
内モンゴルの中間ぐらい規模の都市にあり、
飛行機で北京経由で2時間で到着します。

内モンゴルは、中国大陸の1/10の国土を占めている
広大な中国自治区です。
モンゴルという響きから、草原・遊牧民族を
イメージしてしまいますが、内モンゴルの東部には、
少しそのような文化が残っていますが、
私が訪問した内モンゴルの西部は
どちらかと言うと、砂漠地帯に位置して
遊牧民文化には触れる事はできません。
残念でした。

ただ、青々とした高く広い空に
乾燥したきれいな空気は、
大変気持ちのいい気候でした。

内モンゴルの産業は、主に鉱物の産出、
農業の生産(麦・トウモロコシ)、
酪農(牛・羊)です。
帰りのお土産を探しても、
普通に小麦粉がお土産だったり、
ミルク飴、ビーフジャーキー、
この程度の物しかありません。
そして今回の訪問目的とする乳酒。

さて、町へ移り。
酒蔵さんのあるところは、
飛行機が到着した都市から、
さらに車で30分程、移動した
田舎町にあります。

ただ、行くのは、大変でしたが、
中国の田舎特有の熱烈歓迎!
何から何までお世話になり
大変感謝をしております。

道中の車の移動、2泊3日のホテル代金込みまで
用意してくれたり、全ての食事をご馳走してくれました。

その分、お酒は、半端なく飲まされました。

ちょっとの時間を利用して町を探索しました。
住民は漢民族9に対して
モンゴル族1という割合だそうです。
見た目には、ほとんど民族の差は
感じ取れません。言葉がモンゴル語と
モンゴル訛りの普通語で、
ある人には私の中国普通語が全然、
通じなかったりしました。

食文化は、肉食系。
やはり気候がら野菜収穫は、少なそうです。
その中でもトマトとジャガイモが、
よく食されたり、販売されたりしている
のが目につきました。

肉は、主に牛、羊、豚、ロバ、など
鶏や鴨は、少ないように感じました。
また、どのよう調味料を使っているか
食材屋さんを調べると、
多くは鍋の底料が多かったです。
また、それに合わせた
香辛料を自分で何種類か
ブレンドする様です。
まるでインドのカレーと香辛料の文化の
様な、モンゴルの火鍋と香辛料の文化ですね!