旨仙長日記【7日目】ザラメ、ロックは邪道?紹興酒の飲み方論議。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
紹興酒

紹興酒っていろいろな飲み方をしますね。
ザラメを入れたり、氷入れたり
干し梅や生姜を入れたり。
日本酒でもロックってあるみたいですが
紹興酒は醸造酒の中でも
アレンジされるのが特に多い
ジャンルだと思います。

僕は紹興酒を造っている立場でもないし
偉そうに言えた立場ではないのですが
このことについて思うことがあるので
いち黄酒売りとしての考えを
勝手につらつらと綴りたいと思います。

結論を言えば、僕はありだと思っています。
でも、その酒を造った人が
入れないでくれと言えば
入れない方がいいのかなと。
でも、それで飲んで
「やっぱりきつい」「合わないな」
となれば自分のおいしいと思う
飲み方を追求するのは
自由だと思います。

ザラメでいうと
ザラメを入れたい方って
紹興酒の独特な渋味、酸味、苦味が
舌に合わないからだろうなと
解釈しています。

僕はお店で
「ザラメください」と言われたら
「よかったらザラメなしでも
おいしいおすすめのお酒ありますけど
飲んでみますか?」
と聞いて
渋味や苦味が弱くて
まろやかで甘味ある黄酒
をおすすめしてみてます。

すると、
「これでいいよ」となることが
結構あるんです。
そのまま飲んでおいしいお酒があれば
それに越したことはないですよね。
ザラメ溶かすの面倒ですし。
もちろん、
「いや、ザラメがいいんです」
と言われれば普通にお出しします。

ロックも似たようなものかな。
きつさが和らぎますから。
すっきりして飲みやすく
なりますしね。

紹興酒に限らず
黄酒ってずっと飲み続けるのは
結構しんどい。
途中サワーだったり
ハイボールだったり
さっぱりしたくなります。
なのでロックですっきりと
させたいという気持ちは
よくわかります。
難点は、
味が薄くなることかな~
やっぱり本来の紹興酒の味が
強すぎるのかな。

次に、干し梅。
入れるとおいしいですよね。
僕も好きです。

けれど、入れたら
「干し梅の入った紹興酒」で括られます。
黄中皇も神気も女児紅も
古越も塔牌も会稽山も
すべて「干し梅の入った紹興酒」に
なるんです。

なので、
銘柄の違いを楽しみたい
という方には(現状あまりいませんが)
干し梅がその違いをかき消してしまうから
おすすめしません。
けど、この干し梅紹興酒の味が好き、
という方は入れるのはありだと思います。

干し梅が特に合う紹興酒、というのも
いずれ出てくるのかもしれないけど
現状ではそんなに変わりないでしょう。
どれでもよいと思います。

造り手側の観点から見てみると
この間、神奈川県海老名の
泉橋酒造という
お米から酒造りをされている
酒蔵さんに見学しにいって
聞いてみたんです。

「日本酒をロックにしたり
ソーダ割りにするのって
嫌ですか?
ありですか、なしですか?」

そしたら説明してくれた
お兄さんは素敵な笑顔で

「僕はありですよ。
家でやってますし。」

僕としては意外な答えでした。
やっぱりそのまま飲んでもらいたい
という想いがあるのではないか
と思っていたからです。
これは酒造りする人によっても
違う考えだと思いますが。

※肝心の黄酒の酒蔵さんにまだ
聞いたことなかった!今度聞いてみます。

味変したくなる方が多い現状。
そもそも、紹興酒は
銘柄すら認知されていない
ということも理由として
あると思います。

5年、8年、10年と数字で見られる。
甕出し、で括られる。
「紹興酒」が銘柄という認知。
名無しのお酒。

銘柄によっての味の違い
なども気にするような段階じゃ
ないのですね。
歴史は長いのだけど。
これが現実。

銘柄で「私は黄中皇が好き!」
「いや~東湖飲みやすいね!」
という方が増えたら
また違った現状が生まれそうにも
思います。
でも、いろいろな飲み方がある、
という楽しみ方が醸造酒の中で
個性として残っていくのも
面白いなとは思います。

ちなみに、酒中旨仙の紹興酒は
常温ストレートが
一番おすすめではあります。

理由は、常温で飲んで
おいしいと思う紹興酒を
仕入れているからです。

酒蔵に直接訪問するのは
旦那さんですが、
味見するときに
ロックで出てきたり
干し梅入れて
出てくることなどありません。
常温で味見します。

酒蔵へ行けないときはサンプルを
送ってもらうのですが
そのときは僕も味見します。
当然常温で。
そして、おいしいと思うものを
選定します。

なので、一旦は常温がおすすめ。
黒米酒や缸缸好のように
仕入れて後に冷やして飲んでみたら
そっちの方がもっとおいしかった
というパターンもありますけどね。
これは各酒いろいろ試してみないと
なんともいえません。
今いろいろと試験中で、
おすすめの飲み方も商品ページに
載せていけたらと思いますので
ご参考になれば幸いです。

最後は旨仙宣伝に
なってしまいましたね汗
みなさん、
楽しい紹興酒ライフを!

旨仙長
don

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。