旨仙長日記【8日目】シェリー酒初体験してきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「紹興酒ってシェリー酒みたいだよね」
「黒米酒はペドロヒメネスに似てる」

お店で何度かお客さんから言われたことがあり
気になっていたお酒、シェリー。
調べてみると、色もさまざまで
まさに黄酒みたい!面白そう!飲みたい!

というわけで
直営店の後輩スタッフ
「ノリコ」※男です
を誘って一緒に
行ってまいりました!

Bar de Ollaria

場所はこちら。
Bar de Ollaria 銀座店
シェリーの品ぞろえは300種を超え
ギネスにも認定されているという
スペインバル。

趣味でやっている楽器を持っていたら
店長さんが早速話しかけてくれました。
とても気さくで良い感じ。
なんと!店長さんは
バグパイプをやっているらしいです。
かっこいい!
ライブでは見たことありますが
やっているという人と話したのは
初めてです。
シェリーそっちのけで
逆にいろいろ聞いてしまいました(笑

Bar de Ollaria カウンター1 Bar de Ollaria カウンター2 Bar de Ollaria メニュー

軽くビールを一杯飲んで、
早速シェリーへ。
3種飲みくらべセットがあります。
2人で行ったので2セット。
甘口のものと、辛口のもので
それぞれ出してもらいました。

種類、教えてもらってたのに
全然覚えていない(ゴメンナサイ汗)
直営店でも黄酒の3種飲みくらべ
やっていますが、

「いつも説明してもらってるのに
覚えられないんだよね~」

というお客さんの気持ちが
よくわかりました笑

結局その後グラスを数杯飲んで
全種は制覇しました。

Bar de Ollaria シェリーのみくらべ1 Bar de Ollaria シェリーのみくらべ2
辛口
→マンサニージャ
→フィノ
→アモンティリャード
→バロ・コルタド
→オロロソ

甘口(フレッシュ)
→ミディアム
→ペイルクリーム
→クリーム

甘口(濃厚)
→モスカテル
→ペドロヒメネス

シェリーは酒精強化ワイン
といって発酵の途中で
アルコールを添加し、
度数を高めます。
アルコール度数が高まると
酵母が働くのをやめて
発酵が止まります。
いつ添加するかによって
どんな味わいになるかが
変わってくる、と。へぇ!面白い!

甘口好きの自分ですが
ペドロヒメネス
(ヘビー級ボクサーの名前みたいだ)
は濃厚すぎた。けど
ゆっくりちびちび飲む分には
いいかな~黄酒でいえば
客家黄酒と同等クラス。

後輩ノリコは
「レーズンみたいだ」
と言っていましたが
実際に干し葡萄を原料として
使用しているとのこと。

料理は本日おすすめの盛り合わせや
いろいろキノコ炒め、鶏肉のシェリー煮など。
盛り合わせは
大きい木の板皿に乗ってやってきます。
豪華!オリーブや鶏肉のシェリー煮
ズワイガニのパテなど。

こちらの名物でもある
スペイン風の「おじや」を
食べたかったのですが
なんと時間が足りず、断念。
日本のおじやの原型とも
言われているらしいです。

Bar de Ollaria 前菜の盛り合わせBar de Ollaria ハム盛り合わせ

Bar de Ollaria シェリー アモンティリャード シェリー モスカテル シェリー パロ・コルタド

紹興酒と似ているか否か、
それは確かに
似ている部分もあるなと
思いました。
例えば、オロロソは
色味も味も
まさに紹興酒っぽいし、
カラメルを添加する点や
長期熟成する点、
意味合いが違うかもしれないけど
シェリーのソレラ・システム
(最も熟成させたシェリーを樽から1/3程度
瓶詰。そこに2番目に古いシェリーを追加。
その樽にまた若いシェリーを追加…というのを
繰り返して作っていくらしいです。)
は紹興酒のブレンドに似ている。
異なる年数のお酒をブレンドし、
安定した味わいを実現していく。

紹興酒に話をすり替えますけど
紹興酒で面白いと思うのは
原料に関して、
糯米や小麦の等級の規定はあるけど
「鑒湖(かんこ)」という
特定の水を使用するお酒
という条件の方が
広く知れ渡っていること。

水ももちろん原料には
違いないのですが
水にフューチャーしている
お酒というのは
少ないように思います。
知らないだけかな。
「紹興酒って
●●の糯米を使っている
お酒なんです」
と説明する人はいないですね。

日本酒でいえば
灘の宮水、のような。
でも、米や酵母などの違いによって
アピールしていく風潮の方が
強く感じます。

話が逸れまくりましたが
共通項がたくさんあって、
シェリーに
親近感がとても湧きました!

bar de ollariaさん、
シェリーに限定して
300種以上の品ぞろえ。
尊敬します。

またカウンターへふらりと
遊びに行きたいです。
八宝茶のような
アクロバティックな感じの
注ぎも間近で見てみたいなぁ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。