【ぶらり 黄酒探訪】本格派シンガポール料理店「松記鶏飯(ソンキージーファン)」(神田)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
松記鶏飯top

※過去Nomoooさんにて掲載していた記事を
再編集&追記してアップしています。

料理はもちろん
中国郷土酒も楽しむことができる
お店の食べ歩きレポート!

今回は神田にある
「松記鶏飯(ソンキージーファン)」です。

松記鶏飯02

「松記鶏飯」は本格シンガポール料理店。
オーナーの松本さんは各国を渡り歩くバックパッカーで
中国は西安、ウイグル、ウルムチなどを旅した時に
アジア料理のおいしさ、面白さに目覚め、以降
ベトナム、各国を旅しながら食べ歩いたそうです。
シンガポールには「30回は行ってます。」
ソースやペースト、生のハーブ類などはこだわりの手作り。

松記鶏飯03松記鶏飯04

どこか中国民家の雰囲気を醸しつつ
南国を思わせる外観がこれからの季節にぴったり。

松記鶏飯05
タイガービールは、嬉しい生。
世界一美しいと言われるシンガポールの夕焼けを
表現したカクテル「シンガポールスリング」とで乾杯!

ペーパーチキン
松記鶏飯06

松記鶏飯07

自家製タレに漬け込んでいるため
味が中まで染み渡っています。やわらかくておいしい!

自家製大根餅の炒め シンガポールスタイル
松記鶏飯08

福建省や台湾でもメジャーな大根餅。
添えてあるサンバルソースを使えば二度楽しめます。

ここで紹興酒に切り替え。
松記鶏飯09

孔乙己(コンイージー)8年を注文。
グラス、ボトル共にしっかり冷やされているので
喉越しすっきり!

クリスピーポーク
松記鶏飯10
紹興酒のアテに最適。
豚肉は、蒸して、そこから皮目をカリっと焼いています。

海老のブラックペッパー炒め
松記鶏飯11
海老が口の中でプリっとはじけます。
マントウ(蒸しパン)でタレもしっかり残さず頂きました。

お酒を紹興地方から中国北方地酒、朱鷺黒米酒(ヘイミージョウ)に切り替え。
松記鶏飯12
こちらには中国酒以外にもベトナムの「ネップ・カム」などアジアのお酒があって
いろいろ楽しめます。

ここで王道、海南鶏飯(ハイナンジ―ファン)。
松記鶏飯13
松記鶏飯14
ライスは鶏の茹で汁を使用。ほんのり色味のついたジャスミンライス。
皿に取り分け、手作りの生姜、チリソースとシンガポール濃口醤油から
お好みのソースを選んで、いただきます。混ぜても、よし!

肉骨茶(バクテー)。
松記鶏飯15
肉が骨からすぐに離れるほどとてもやわらかい!
サッパリスープが胃袋にやさしい。

ラクサ。
松記鶏飯16
米粉からできている麺はすごい弾力。
日本の麺にはない食感でクセになります。
麺自体には味が絡みづらい分、スープはココナッツミルク
がしっかり利いていて濃厚。

最後のお酒は、南方派福建地酒の
「沈缸酒 缸缸好型(チェンガンジョウ ガンガンハオ)」。

福建特産の紅麹を使用した、デザートワインを思わせる
中国地酒です。これもしっかり冷やされていてすっきり。

2名がけの席が多く、4名以上で
お越しの場合は電話予約必須です。
(この日もすぐ満席に!)

シンガポールだけでなくアジア各国を巡って培った
松本オーナーの経験が表現された手作り本格派料理とお酒が
ここにはあります。お酒のラインナップが豊富なので
呑兵衛のみなさまに楽しんで頂けるお店だと思います!

ちなみに黄酒メニューは卓上には
置いていないとおっしゃっていたので
黒板か、直接フロアの店員さんに
「中国酒飲みたいのですが・・・」と
聞いてみてください!
さまざまな地方の黄酒が
揃っているお店さんです。

松記鶏飯
▼住所
101-0048
東京都 千代田区
神田司町2-15-1 パレヤソジマ102

▼TEL
03-5577-6883

▼営業時間
11:30〜14:00、18:00〜23:00

▼定休日
日祝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。