【ぶらり 黄酒探訪】日本酒居酒屋で中国酒を嗜む。酒と料理の組み合わせ数多!「Sugar Sake & Coffee」(阿佐ヶ谷)

【ぶらり 黄酒探訪】日本酒居酒屋で中国酒を嗜む。酒と料理の組み合わせ数多!「Sugar Sake & Coffee」(阿佐ヶ谷)

※過去Nomoooさんにて掲載していた記事を再編集&追記してアップしています。

 日本酒メインとしながらも、料理のラインナップは皮蛋、シャモロック、カレー…etc、お酒はビオワイン、中国酒などかなり多彩!中国酒が飲める美味しいお店巡り”初”の日本酒居酒屋へ突撃です。

 さぁ、はじまり、はじまり!

 阿佐ヶ谷南口から出発。道中には釣り堀。昔ながらの風景には、心踊らされるものがありますね。

 閑静な道のりを歩くこと、5分程度。店内は日の光(※この日は特別昼営業)が全面に入ってきてとても清々しいです。

レモンサワーとお通し。

 最初はとりあえずしゅわっと一杯。このレモンサワーが絶品!冷凍したレモンをすりおろして入れているとのことで香りも味も濃厚!
 お通しは豆の醤油漬け。豆を軽く湯引きして、炒る。豆本来のかたさがしっかりと残っていて、やみつきになる食感。

ししゃもの燻製

 燻製になっても酒のつまみとしての安定感は変わらず。このあと注文した紹興酒との相性も◎。
 中国酒、日本のおつまみでもいけますね!

孔乙己(コンイージー)8年と羊肉水餃子

 注文すると、餃子を包みだした店主佐藤さん。なんと、注文後に仕込む手の凝りよう!
 「作り置きだとパサついておいしくなくて…」
 厨房1人で切り盛りしているのにこの心意気。

 お酒は紹興酒の酒蔵として有名な「古越龍山」と肩を並べる中粮酒業のヴィンテージ紹興酒「孔乙己8年。」冷や紹興酒、ウマ! 羊肉、四川酸辣ダレとの相性は、文句なし。

自家製ソーセージ

 ソーセージはもちろん付け合わせの辛みそだけでもちびちびいける。ほのかに香るのは隠し味の五香粉。孔乙己がすすみます。

蘭亭(ランテイ)10年

 これも六大紹興酒蔵「会稽山」銘柄の一つ。孔乙己よりも酸味、渋味が感じられます。紹興酒に飲みなれた方向けです。

青森 村越さんのシャモロック焼き盛り合わせ

 手羽元、付け根、ふりそで、せせり、ぼんじりの5種盛り合わせ。広大な場所で自由に育てられたシャモロックは弾力だけならず油もジュワッと弾けて、美味!

麻婆豆腐

「紹興酒に合うものお願いします!」とお願いして出てきた一品。これは外せませんね。


 折角なので日本酒も。「〆にすっきりした一杯を」とお願いして出てきたのは「北島」。毎度甘口黄酒で〆ていましたが、辛口で〆もさっぱりしてよいですね。

 中華料理と日本酒だと酒が料理に負けてしまうのではないかと佐藤さんにぶつけてみたら…「酸があり力強い味がある「山陰東郷」(鳥取)などは中華やエスニック系の辛いもの酸っぱいもの、ハーブやスパイス感のあるものにばっちり合いますよ。火入加水の熟成酒もお茶のようなキレで強い味には合います」とのこと。写真は古酒「花巴」「睡龍」。「花巴」は紹興酒のようで、これも中華に合いそう。

 「日本酒をメインとした居酒屋ですが、和食だけに当てはまらない組み合わせを楽しんで頂きたいです。専門でないからこそできる、自由な発想を大事にしたい。中国酒だって日本酒と同列で楽しめるお酒。そういうことをもっと知ってもらいたいですね。」by佐藤さん

 中華のおつまみが多いのは西荻窪「珍味亭」で台湾料理と紹興酒のおいしさに感動したのがきっかけ。さまざまな酒と料理の組み合わせを楽しむことができる「Sugar Sake & Coffee」。阿佐ヶ谷の賑やかな商店街から少し離れて、ゆったりと酒と料理を堪能できる、絶好の場所です。

▼Sugar Sake & Coffee
■住所
東京都杉並区阿佐谷南3-34-9 フォレストワン 2F

■TEL
03-6279-9451

■営業時間
18:00~24:00(L.O.23:00)
日曜営業

■定休日
水曜