紹興酒せんべろ行脚

【旨仙長日記58】紹興酒せんべろ行脚⑤ 135酒場(池袋)

気軽に紹興酒を飲みに行ける場所がないなぁ・・・
ふらっと行きたいなぁ・・・

という思いから始まったこの企画。
晩御飯がわりにさくっとつまみながら
紹興酒を堪能できるお店を巡ります!


おつまみ100円から!紹興酒も3杯楽しめました!

中華料理店ひしめく街、池袋。
新年会で賑わう店内で
ひとりでしっぽりせんべろしてきました。
※1月に行きました。
更新だいぶ時間差ですみません。。

池袋駅西口から徒歩5分ほどの場所にある
「135酒場立教通り店」。

135酒場は店舗がいくつかあるようですね。

全品100円、300円、500円と
わかりやすく、
財布に優しい金額設定。

お客さんは学生さんが多かったですが
仕事帰りの一行と見られる方々や
若いカップルなども。
気軽に入れる雰囲気。

さて、早速一杯目から紹興酒。

おつまみは、お通しで出てきた煮卵と
干し豆腐の細切り。これ100円です!すごいな。
量はしっかりあります。
僕、豆腐干好きなんですよね。
口に入れたときのわしゃっとした食感と
そこにまとわりついた他の野菜たちや
味が滲み出てくる感じ。

麻婆茄子。
300円。。。いいのでしょうか。。。
これまた量はしっかりあります。
1人だったらもうここまでで
結構満足できるレベルです。

紹興酒は幅広なグラスに入ってきますので
見た目よりは量はあるかな。
100~130ccぐらいでしょうか?
結局3杯飲みました。

このあと、豆腐干おかわり笑

料理100円攻めしたらさらにお得に収まると思います。
せんべろ紹興酒ができるお店、認定!


<今回のせんべろ紹興酒店 詳細>

■店名
135酒場(池袋)
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13160016/

■注文商品
1836円(税込)
・お通し 300円
・豆腐干の和え物 100円×2
・麻婆茄子 300円
・紹興酒 300円×3

■紹興酒せんべろ度 ★★★★ 4.5点(5点満点)

【旨仙長日記57】紹興酒せんべろ行脚④ 得得屋(立川)

気軽に紹興酒を飲みに行ける場所がないなぁ・・・
ふらっと行きたいなぁ・・・
という思いから始まったこの企画。

今回、舞台は立川です。
カウンターもあって
1人でも気軽に立ち寄れる
中華料理店でした。

■紹興酒せんべろ記 vol.4

立川駅南口から歩いて10分ほど。
通り沿いなのですが
街の喧騒から離れた静かな場所にあります。

夜でも定食などの料理もありますが
飲兵衛に嬉しいのは350円均一の
小皿コーナー。


種類がとても豊富です!!

しかも小皿と思って2品頼んだら・・・



これ、かなり量があります。
1人なら2皿で十分です。
この日は黒酢酢豚と皮蛋豆腐。

皮蛋豆腐なんて、絹豆腐一丁丸々使っています。
そのせいかこの日の晩御飯の主食は豆腐となりましたが
皮蛋の黄身のねっとりさと
紹興酒の相性ってものすごく良いです。

黒酢酢豚と紹興酒は
あわなくはないですが
酢豚の甘味が勝って
紹興酒の酸味、苦味が際立ちます。
甘・旨味が相殺されてしまうので
もう少し甘味が弱い料理の方が
合うのかなぁと思いました。
酢豚はやや甘味のある
朱鷺黒米酒の方が
合うと思います。

紹興酒は600円で小デキャンタ(250cc)頼めます
物足りない方は1本でも1000円です。安い!

カウンターもあり、
居酒屋で飲んでいる感覚も
しっかりもててシチュエーションは
悪くありません。
テレビがついているせいか
BGMないのが少し寂しい気もします。

滞在1時間程度。1300円でほろ酔いは十分満足。
他のお客さんとして
2名~4名の方々が数組いましたが
周りの方々も1000円~2000円台で
お会計されていましたね(聞こえてしまいました

ハイボールやサワーも
300円台。しかも税込み。お通しなし。
炭酸系飲んで、紹興酒小デキャンタ頼んで
350円小皿楽しむ。

料理の種類が多いので
一皿でもお気に入りが見つかれば
酒量マシマシで楽しめるはずです。
今度中国語でスタッフさんに
話しかけてみよう。。

■店名
得得屋(立川)
https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13142385/

■注文商品
1300円
・皮蛋豆腐 350円
・黒酢酢豚 350円
・紹興酒 600円(250cc)

■紹興酒せんべろ度 ★★★★ 4.8点(5点満点)

【旨仙長日記56】紹興酒せんべろ行脚③ 台北苑(神田)

紹興酒で気軽に
チビリチビリと
できるお店巡り。

今回は神田への訪問帰りに
晩御飯がてら
見つけた中華料理屋さんへ
ふらり。

結論。
こういうお店を探していました!

■紹興酒せんべろ記 vol.3

忘年会で盛り上がる店内で
ひとりぽつん。

嬉しいのが、メニューに
おつまみ280円の一覧があり
しかも種類豊富。

紹興酒も280円。
こんなところがあったのか
と嬉しくなる。
結局ちょっとのつもりが
三杯も飲んでしまった。

1杯の量はグラスが小さいので
やや少なめですが
なみなみ注いでくれると
嬉しくなりますね。
錯覚なんですけど笑

お通しはボリュームあり。
レシートもらい忘れたけど
代金はかかってないような?

※計算したら200~300円程度
かかっていました。
雑ですいません。

料理はピータンと回鍋肉。
ピータンはまぁカットする
だけなのですが
回鍋肉は十分楽しめる
味、量で、おつまみとしては
十分満足レベル。

ビールやサワーも
380円と
飲兵衛には嬉しい価格帯。

台北というくらいだから
みな台湾人ですか?
と聞いたら
オーナーさんが
台湾の方らしいです。

他はみな中国人みたい。
サービスのお姉さん
愛想がすこぶる
良いわけではありませんが
話せば優しいし
この距離感に
なんだか現地感を感じます。

平日1人でも問題なし!
とのことだったので
神田きたら
立ち寄りたい一軒ができました!

紹興酒好きな方、ぜひ!

■店名
台北苑
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13113603/

■注文商品
1800円程度(雑ですいません)
・皮蛋 280円
・ホイコーロー 280円
・紹興酒 280円×3
・お通し 200円?

■紹興酒せんべろ度 ★★★★ 4.8点(5点満点)

【旨仙長日記55】紹興酒せんべろ行脚2~ちょもらんま酒場(西荻窪)~

紹興酒とおつまみが
気軽に楽しめる場所を
探し求めて
旨仙長、ふらふら巡ります。

第2回目は
西荻窪へ!

今回は探し求めて
ぶらぶらしていたわけではないのですが
約束の時間までの空いた時間で
ぷらっと入ってみたら
おお、こりゃイケる!
という偶然の嬉しい出会いでした。

結論。
ニシオギたのしい!

■紹興酒せんべろ記 vol.2
駅の裏路地に
お店が所狭しと立ち並ぶ
西荻窪駅周辺。
ぶらぶらと歩いていると
一つのアーケード街を抜けた
すぐ横に、
ラーメン屋さんらしき
雰囲気のお店を発見。

名前が印象的。
ちょもらんま、だなんて。
調べたら
際コーポレーションさん系列なのですね。
恵比寿や八重洲にもあるようです。

表に張り出されたメニューを
見てみると、
お酒は良心的な価格だし
おつまみもある。

中へ入ると
カウンターへ案内されました。
このあと、
どんどんお客さんが入る、入る・・・

上にも席があるようです。
平日でも関係なく人気のよう。

一杯目は紹興酒
・・・ではなく、
レモンサワー。
すみません。
ほとんどいっきに
飲み干したので写真なし。

店員さん元気よく
店内の雰囲気は明るいです。

おつまみは
餃子とハツのレモンダレ。

餃子がすごい。。。
でかい。。。
皮厚もっちり。
これはかなり胃袋にたまります。

餃子と紹興酒の相性は
バッチリです!

おつまみもこれだけあれば
何回かに分けて
注文できるので
当面飽きずに通えそう。

中華のお店さんで
1人でおつまみサイズで
食べられること自体が貴重ですが
味も問題ないし
これは紹興酒好きには
楽しめるお店さんだと思います!

■店名
ちょもらんま酒場 西荻窪店
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13100278/

■注文商品
・ハツのレモンダレ 380円
・大餃子 360円
・レモンサワー 380円
・紹興酒 420円

■紹興酒せんべろ度 ★★★★ 4.2点(5点満点)
カウンターで1人飲みしている人が
結構いて、ちびちび飲みながら
気兼ねなくゆっくり楽しめる。

欲を言えば
サワー系+紹興酒2杯ぐらい
楽しめると、なおいいなと思います(欲張)
餃子がかなり
ボリューミーなので
これ1品でも
結構お酒進むと思います。

こういうお店さんにぜひ
白ボール(白酒のハイボール)とか
面白いと思うんだけどなぁ。。

またふらっと行ってしまいそうです。

【旨仙長日記53】紹興酒せんべろ行脚1~翠葉 弐千 (桜木町)~

気軽に紹興酒とおつまみが
楽しめる場所を
探し求めて。

せんべろが現代のご時世を象徴する
ひとつの文化となりつつある昨今ですが
紹興酒を気楽に楽しめる場所というのが
意外とないのです。
だからついつい行ってしまう
バーミヤン。
紹興酒100円ですからね。。

けど、本当にないのかな?
ちゃんと探してみた?
自問自答。

ちょっと探してみよう。

・・・

・・・

お。

おお!!

少しずつ耳寄りな
情報との出会いが!

そしてそして、今日。

大きな大きな一歩を
踏み出します。

紹興酒好きのみなさん!
お待たせいたしました!(待ってない?
始めます!
紹興酒行脚の旅。
それほど頻繁に
更新はできませんが
月1~2程度で
お伝えしていければなと
思っております。

記念すべき1日目は
中華の街、
横浜です!
桜木町です!

桜木町はランドマーク側しか
行ったことがありませんでした。
逆の裏側に
ちらほら飲み屋が
並んでいる場所があるとは。。
神奈川県民失格ですね。。

それでは、レポートです!

■紹興酒せんべろ記

桜木町から歩いて5分ほど。

人通りもそれほどない路地に
あります。
翠葉 弐千(すいよう にせん)。

19時頃行きましたが
お客さんは僕だけでした。

↓メニューの一部

そうそう、
こういうちょっとしたおつまみで
よいのです。
個人的には
豆腐干の和え物がないのが
残念。。あれ好きなんです。

早速、紹興酒(420円)と
ピータン(400円)、餃子(320円)を注文。

最初に枝豆が登場しました。
お通し。
これが後の誤算に。。
味は特殊な液に漬けているのか
柔かく、味も美味しかったです。
何の味なのか聞いたのですが
「特別な自家製漬けダレです」とのこと。

紹興酒は何も言わないと
ロックで出てきます。
正直、ストレートでお願いした方がよいです。
ロックだとすぐになくなります。

少し経ってから
お一人様がぽつりぽつり
入ってきました。
常連さんらしき人たちも。

店員さんは感じが良い中国の方でした。
常連さんと同じテーブルに座って
話すあたりはまさに中国。
気さくに声をかけていく常連さんが
何名かいたので
あの店員さんのファンが
多そうだなと感じました。

こちらのお店は
餃子が売りです。
実際に皮も中の具もふんわりとしていて
美味しかったです。
周りのお客さんも
全て餃子を注文されていました。
2名で3皿頼む方もいましたね。
一皿320円ですから。

紹興酒はさっきの反省を踏まえて
ストレートで注文。
味はちょっと甘口でした。
一般的な紹興酒が苦手な人は
飲みやすいかな?

これがその紹興酒。
お会計のときに撮らせてもらいました。
初めて飲む銘柄。

そう、そして
最後に衝撃のお会計。

な、なんと、2000円超えていた。。。
せ、せんべろじゃない。。。

すみません!
お通し代&消費税を入れずに
計算していたのです。
間抜けすぎました。
こんな落ち。。許されるのでしょうか。。

でも、餃子2皿と紹興酒2杯なら
ぎりぎりせんべろ
っていう感じです。

紹興酒を気軽に楽しめるお店としては
入りやすいし、よいかなとは
思いました!
無理矢理まとめたようになってしまいましたが
次回はヘマしません。。
よろしくお願いします。。

■店名
翠葉 弐千(すいよう にせん)
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14008592/dtlmap/

■注文商品
・ピータン
・餃子
・紹興酒×2杯
※お通し代かかります。枝豆

■紹興酒せんべろ度 ★★★ 3.5点(5点満点)
たくさん飲みたい方は
つまみ1品と紹興酒2~3杯
がよいかなと思います。
お通しの枝豆は
今回は誤算の元になりましたが
よいつまみでした。