日々、黄酒。~黄酒日誌~金朱鷺黒米酒 3-6日目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄酒は6つの味から成り立つとされることから
酒中旨仙ではオリジナルのチャートを作成しています。
旨仙長のdonが改めて全酒を数日間飲み
チャートを作成すると共に
どんなお酒なのかをみなさんに知って頂くこのコーナー。

今回は前回から引き続き
黄酒名産地、西安周辺を代表する
洋県「金朱鷺黒米酒」です!

今回でチャート完成となります。
黒米発祥の元祖黒米を使用したお酒は
どのような味なのでしょうか!

朱鷺黒米酒とは

紹興酒のように国家表示地理産品に指定されている
“洋県黒米”を使用。紹興酒の精米歩合は大体90%と
されている中で、日本酒のように黒米をしっかりと磨き
雑味のないクリアかつフルーティな味わいを
感じられる北方黄酒です。

4日目 8月12日 常温
金朱鷺黒米酒【北方黄酒】

■感想
今日はより「渋」「苦」が弱く、まろやかに感じる。

★★★★



★★★
★★

5日目 8月13日 常温
金朱鷺黒米酒【北方黄酒】

■感想
昨日の感想と変わりなく。前回の黄中皇より味の感じ方が安定している。強いて言えば「酸」が弱いか。これもしっかり米を磨いて雑味の元となるたんばく質を減らしているからなのか?

★★★★



★★★
★★★

6日目 8月15日 常温
金朱鷺黒米酒【北方黄酒】

■感想
今日も同じく。「甜」「鮮」→「酸」への変化。味のブレが少ない。

★★★★



★★★
★★★

■金朱鷺黒米酒 総括
金朱鷺黒米酒(ヘイミー)

<金朱鷺黒米酒 チャート結果>
甜 4
渋 1.7
辣 1.3
苦 1.2
鮮 3.2
酸 2.8

日々つけた★=1点とし、各項目の合計を6で割って算出。

紹興酒独特の酸味・渋味がなく、日本人好みの
味は黄酒入門編としてもってこいの逸品と言える。
ふたはコルクではなく捻ってしめる金属タイプで
こちらの方が味のブレが出づらい。(主観です)

どっしりとした中にもなで肩のフォルムと
銘柄通り黒を基調としたボトルデザインは
ホームパーティや外でのBBQなどでも
活躍
してくれるはず。

 

■「日々、黄酒。」の概要と、はじめた理由

旨仙長donが黄酒を日々飲み、6つの味覚チャートで
その味を表現していきます。

5年間直営中華料理店で毎日のように黄酒の味を見てきましたが
まだまだ自分の舌は未熟で、飲むたびに味のブレを感じます。

でもみなさんになるべく正確にどのようなお酒かを伝えたい。

そのためには、ブレを少しでも反映させないためにも、
1銘柄につき6日間飲み続け
それを毎日チャートで残し、最終的に平均化して
チャートを確定していこうと考えました。

毎日その黄酒についてのチャートと感想を記録します。
みなさんにはどんなお酒なのかを知って頂くことで
ご購入のヒントになれば、と思っています。

~~黄酒6つの味覚~~
甜・・・甘み
渋・・・渋み
辣・・・辛口、アルコール感の強さ
苦・・・苦み
鮮・・・旨み
酸・・・酸味

以上を踏まえて、各黄酒の味を
独断により点数付けしております。
====================================================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金朱鷺黒米酒(ヘイミー) 500ml【北方派 洋県】黒米起源の地で生まれた清爽フルーティ黄酒

▼黄酒入門に!国家第一級の自然保護特区で造られる北方黄酒

西安から南方にある洋県。トキやパンダなどの動物も生存している洋県は、国がその自然を保護している区域です。自然豊かできれいな水もあり黒米は洋県が発祥の地とされ、一級品です。
恵まれた自然と、上質な原料。朱鷺は黒米酒はとてもフルーティな仕上がり。

今まで紹興酒が苦手だった方はその飲みやすさに驚き中国酒の奥深さを感じて頂けることでしょう。

産地:陝西省洋県
度数:12.0度
容量:500ml
原料:黒糯米,麦麹


購入する

SNSでもご購読できます。